オシャレ可愛いデザインに、内蔵ドライブ搭載可能!エロゲオタの味方なPCケース、Pop Mini Air RGBをレビュー②

なんだか、ひたすらに自分の部屋と、

居間とキッチン掃除して終わった休日だった。どうもblog主ことくるとんですぅ!

 

まぁ、後は内蔵ブルーレイドライブが欲しくて、「流石に新品高すぎィイク!」とか思いながら、

メルカリとかヤフオクでひたすら中古漁ってた感じやねぇ~。

白ベゼルモデルもう消滅しそうだね…。おっパイオニアしか作ってないよ多分(パイオニアに怒られろ)

まるでWindowsタブレットの様に消滅しt(おっと、今はその話題はやめろ

いずれはWindowsタブレット…いや、ゲーム機型のWindowsPCの話題なんかもしたいね。今は情報収集中です。

 

「なんで今時内蔵のブルーレイドライブ探してるのm9(^Д^)プギャー」ってかぁ?

そりゃPop Mini Air RGBを買ったからに決まってんやろぅがぁ!(デーン♪ デタァ!

…もう僕今年32歳になるんやで…。おっさんが何やってんや…。なんか茶番のレベルがなぁ…(´・ω・`)

 

茶番はこれくらいにしておいて、という事で、

Pop mini air RGBのレビュー Part2 今回はゆるくやっていこうかぁ…。恥さらし回や。

 

目次

可愛くて品質良さげで惚れた。Fractal DesignのPop Mini Air RGB whiteのレビューPart2!今回は実際にケース内部にパーツを組み込んでいく!

 

Pop Mini Air RGBレビューの前回までのおさらい

 

可愛くオシャレなのに、エロゲオタクに優しいPCケース見つけた。Pop Mini Air RGBをポチったので語る

2024年3月8日

オシャレ可愛いデザインに、内蔵ドライブ搭載可能!エロゲオタの味方なPCケース、Pop Mini Air RGBをレビュー①

2024年3月10日

 

流れとしては、とあるエロゲーマーが「おい!このPCケース 今時の可愛いデザインなのに5.25インチベイあるぞ!」

「という事は、内蔵のDVDドライブか、Blu-rayドライブ搭載できんやん!オタク歓喜やん」

「他に候補上げたPCケースは何か違う。ダメダネ。ダメヨーダメナノヨー♪」…みたいなニッチな需要の話をしてたのがPart1。

 

実際に買って、31歳の変態が舐めるようにPCケースを見て「ここイイゾ!」「じゃけんこのPCケースで次回組みましょうね」

とかテンション上がってたのが、Part2だね。わかったかな?(わからん

いずれにしても、上記のリンクから読めるので、気になる人はチェックしてみてね!

 

はい。ちょっとおふざけし過ぎたので、こっからしっかり解説してきやす。

 

予めメイン機から抜き取ったパーツ類を紹介してく

 

という事で、さっそくPop Mini Air RGBに、パーツを組み込んでくんだけど、

使うパーツは、元メイン機(MACUBE110に入ってたパーツ)をお引越しする感じかな。

 

ちなみに、MACUBE110から抜き取る過程は写真撮ってないのでカット。

理由としては、…パーツに埃の付着が凄すぎて、写真撮る余裕なかったし、

グロかったので。…blog主の心の余裕も、誇りも散ったのでカットで。(埃だけにってな!……。)

 

※ちなみにこの記事ではまだまだblog主の心の余裕は散ります。桜のように。(…エロゲのように。)

 

使うパーツ類の詳細について

とりあえず、使うパーツは写真の通りなんだけど、

流石に全部思い入れ含めて語ってるとPart5くらい行くと思うので、

下記に型番リスト貼っときます。より詳細気になる人は、クリックするとAmazonページに飛ぶようにしときやす。

気になる人は見てみてくださいな。

(あくまで自分が使ってるパーツなので、既にいくつか後継パーツ等もあると思います。あと、プロフィールページの殆ど流用です)

 

パーツ項目 パーツ名
CPU AMD Ryzen 5 5600X
マザーボード ASRock B450M Steel Legend
メモリ G.Skill F4-3600C19D-32GSXWB (16GB × 4枚= 64GB)
M.2 SSD KIOXIA EXCERIA G2 SSD-CK1.0N3G2/N 1TB
SATA SSD KIOXIA EXCERIA SSD-CK960S/N 960GB
電源ユニット ASUS ROG-STRIX-850G-WHITE
グラフィックボード MSI GeForce RTX 2060 SUPER VENTUS GP OC
無線LANカード TP-Link Archer TX50E
CPUファン DEEPCOOL AK400 WH
ケースファン Fractal Design Dynamic X2 GP-12 Whiteout × 2 (終売してるかも)

 

組み立てていく前に、軽く説明書について書いておくぞい

説明書なんだけど、一応レビューの①あたりでもチラっと書いた気がするけど補足。

ずらっと各ページに英語やら中国語やらロシア語やら各国の言語がある中に、

日本語も混ざってるので、とりあえず解説の意味は理解できると思う。

 

ただ「これ一冊あれば自作組めるか?」というと、図解しかほぼほぼ便りにできないから、

一度自作経験がある人は別として、完全初心者なら組めないと思う。

なにかYoutubeとか、詳しく自作PCの作り方を解説してるblogさんでもいいので、

スマホ片手に参考にした方が良いかなぁ…とは思う。

 

初心者必見 Ryzenを使った自作PCの組み立て(作り方)の手順・方法を二次元オタクが解説!①

2019年10月5日

一応、当blogでも解説してる記事はあるんだけど、古くなってきてるのと、

如何せん常に自作PCを取り上げてるPCレビュアーより弱いから、

このサイトの記事を参考にしてもいいし、他サイトや動画を参考にするなり何かした方が良いと思うよ~。

(今回の記事ではあくまでPop air mini RGBのレビューなので、初心者向けには解説はあまりしないつもり。

あと、この記事の組み立ての順番は、全くよろしくないので参考にしないでくださいな!!あまり意識してないみたいで、良くない)

 

ちなみに、自分は作業開始直後に「あれ?マザーボードなんのネジで留めてたっけ?」と

久々にPC弄るのでわからなくなって、Pop Mini Air RGBの説明書に分かりやすく書いてたから

参考にさせてもらったぞい!

 

(組み立て開始)マザーボード B450M Steel Legendを取り付けていく

写真だけど、元メイン機から取り出したパーツなので、既にCPU、CPUクーラーとメモリに、M.2 SSD+ヒートシンクは取り付け済み。

そして、マザーボードは、B450M Steel Legend。

それで、I Oパネルは独立してる(マザーボードにくっ付いてない)ので、

先にしっかりハマるまで入れて、その後マザーボードをねじ止めしていった様子だね。

 

やっぱり思ったのが、このマザーボード自体、全体的に模様意外は黒色な感じだけど、

Pop Mini Air RGBのケースは、内部が白一色なだけあって、マザーボードが黒くても

「あー…黒色に染まっていく…。」という、白色好きの心を踏みにじる感が少なくて、やっぱり良いと思った。

(できればマザーも白なら、それに越したことは無いけどねw)

 

ケースのネジ位置の精度も悪くないと思ったよ~。特段困る事は無かったかと。

ただし、ケース内部が狭いから、ネジを落とさないように注意ね。(先端が磁石になってるドライバーを使おう!)

blog主はCPUクーラーが先に付いてるから尚更なんだけど、落とすと狭くてネジ探すのも大変でした(落としました)

 

続いてblog主(くるとん)は、無線LANカード TX50Eを取り付けていくみたい

無線LANカードを取り付けていくみたいだね。(この辺から組み立て順番を考えてない悪夢が始まる)

ただ、その前にこのケースの良い点。やはり価格が価格なので、

PCIのスロットカバーは使い捨てでは無くて、手回しネジで固定して再度使えるタイプ…なんだよね!(いいね~

しかもスロットカバー自体も白塗装された鉄?で出来てて、ケース同様オシャレな通気加工が施されてていい感じ。

 

TP Linkの無線LANカード、TX50Eを取り付け完了!

忘れずにここはしっかりコネクタもUSBのピンヘッダに挿してるね。

 

ところで、もう写真をみて、お気付きの人もいるかと思うけど、

このPCケース、ケースの内部側にPCI部分のスロットカバーを外す手回しネジがあるんだよね。(-ω-;)ウーン…。

(正直前に使ってきたMACUBE110でもVersa H17,H18でも、その前のJOSBO U4でも外側にネジがあったと思うので驚き)

 

デザイン的には内部にあった方が外側がスッキリ見えて良いかもとも取れる。

だけど、正直言ってコレは賛否両論ありそう。だって既にこの無線LANカード取り付け時点にも思ってたけど、

正直言っちゃうと、取り付けにくいし、頻繁にパーツを変える人にはかなり面倒な仕様かと。

手回しネジだけど、ケース側に腕が当たって回しにくいし、逆にドライバーでも磁石が通用しないからポロって落ちるし…。

 

正直ちょっと「(;’∀’)え~…。」って感じざる負えなかったかな。

ただ、グラフィックボード取り付け時にもっと苦しむのでお楽しみにw

 

グラフィックボードのGeForce RTX 2060SUPERを取り付けていく…のだけど?

グラフィックボードをPCI-Express ×16に問題なく取り付けてく。

そして、PCケース自体の作りの精度は良いので、グラフィックボードのプラケット位置ズレ等の問題点は無かったんだけど、

手回しネジ故に、ドライバーが磁石にくっつかないので、グラボとケース背面側の狭い隙間に

無理くり手を入れてるから、回しにくくて何度も落としまくってたw

 

一度ネジを落としてしまうと、結構拾うの大変なんだ…この手のケースはね。

やはり通常のケースより背丈(高さ)が3cm程小さい分、

CPUクーラー等が大きいと、手を入れる隙間が無いから、結構苦労する感じ…。

何度かグラフィックボードを何度も外す羽目に…w 落とすたびに「ふぇぇ:;(∩´﹏`∩);:もぅいやぁ」ってなってたw

 

2.5インチSSDを、ケース背面側のマウンタに取り付けていく

画像のキオクシアの2.5インチSSDを取り付けてく感じ。

SSDの取り付け方法って、PCケースによって微妙に様々だよね~。

 

このPop Mini Air RGBの場合は、手回しネジで固定されてるマウンタを外して、

SSDが見えてる面の反対側から、ねじ止めをしてあげる感じだね~。

2.5インチSSDのコネクタ部分が、下向きになるように取り付けてあげれば困る事は無いかとw

2.5インチSSDは、お隣が開いてるので、2台までこのマウンタに取り付けられる感じ

 

このキオクシアのSSDのデザインと、Pop Mini Air RGBのケース、

「改めて画像見ても相性良すぎだろ…!」ってくらい雰囲気いいよね。白色に銀色に良い感じ。

 

SSDのケーブルはSATAケーブルは、SilverStoneのSST-CP08Wを使ってる感じだねぇ。

これももう1年半経たないくらい使ってるけど、白色の変色(黄ばみ)など無く良い感じなので紹介しとくw

 

しれっと付属のケーブルバンドに固定しておきやす。

このケーブルバンドとSATAケーブルの相性も好き好き好き(ケーブルに萌えたのかな?

 

電源ユニットのR.O.G STRIX 850W WHITEを取り付けていく

電源ユニットのASUSのR.O.G STRIX 850Wを取り付ける!

ちょっと昔にAmazonセールで奮発して買いやした。中身は実質紫蘇こと、Seasonic製。

色合い的にも相性いいねぇ…多分あの時この電源に憧れてたのは、Pop Mini Air RGBへの伏線だったんや(は?

 

そろそろお昼に差し掛かろうとしてて、もうそろそろ作業が終わってる予定だったんだけどね。

そんなこんなで頭が回ってなかったのか、(フラグ1つ目)、

「なんかケーブル周りスッキリしてるな^^ニッコリ」と呑気に構えてるけど、電源付けてないです。本当にありがとうござい(爆

あと、画像ではしれっとねじ止め終わりそうだけど、ネジ穴位置間違えて何度も回そうとしてるからねこの人。

 

だれか、この空腹で頭回ってない、一人暮らしの痛部屋住みの痛いおじさんに、

お料理を作ってくれる優しいDカップ以上の二次元出身の嫁さんを与えてください。

二次元出身は必須です。エロゲ出身なら尚可です。ほら、白色PCなんてオシャレで可愛いおじさんでしょ。このオタク顔より自作PCを見てよ。

おにぎりで良いんでお願いします。ついでに体もおよばれしてよろしいでしょうか?(もう黙っとけ。いや半年ROMって。どうぞ。

 

消したくもなる虚言を吐いてるうちに、電源の各部のケーブルも差し込めたようだね~。

たぶんこのあたりで、悲劇への第2のフラグを踏んでる気がするけど、まだ気が付いてない。

 

ケースのフロントパネルのコネクタ類をマザーボードに挿す(無理です)

グラフィックボードに阻まれて、おじさんのぶっとい手が、

フロントパネルのピンヘッダに届きません。本当にありがとうございました。終。

……「そりゃそうじゃ!」(どっかの博士ボイスで。) ラーラララー♪(ついでに私の魂も奪われました)

 

いやいやいやいや、自作何十年やってんねん。

手順くらい考えて組んでくださいよ。「そうだよ(便乗)」

 

ここからしばらく画像がありません。どういう事かって?空腹と焦りで撮ってません。

ほんと使えねぇなこのblog主はよぉぉぉぉおぉおおおお(心の叫び)

なので、何が起きていたのか、文章で下記に説明していくぞい!

 

画像が無いので、この先で起きてた出来事を、頑張って文章にしてみる人

 

Pop Mini air RGBのケースで戸惑った理由その① 「PW_BTN以外のフロントパネルのコネクタどこだ?」

 

まずグラフィックボードを取り外し、フロントパネルのピンヘッダにコネクタを挿します。

このケース、設計が優秀だけど、なんだか…ややこしいPCケースで、

PW_BTN(電源スイッチ)部のコネクタだけピンヘッダに挿せば良いのだ。優秀だね。

 

「じゃあリセットボタンとかPW_LEDのコネクタはどうなってるのか?」

リセットボタンはそもそも無いです。PW_LEDコネクタも無いです。

ちなみに、HD_LED(SSDとかHDDへのアクセスランプ)も無い。

LEDの電力は、電源ユニットから出てるSATA電源から供給します。

 

説明書を見てそれに気が付いたけど、

くるとんさん、フロントパネルのコネクタを探すのに、多分15分くらい必死になってやした…「やめたら自作er!」

 

Pop Mini air RGBのケースで戸惑った理由その② ファンコネクタの連結⇒マザーボードのケースファン端子挿せない⇒裏配線が地獄化

はい。ここから画像がちょっとだけ復活してきますぜ。

フロントパネルのコネクタの件が解決して安心したのか、

なぜかこの人、またグラフィックボードをマザーボードに挿し直します(再度悲劇の始まり)

 

で、このPCケースには、付属のファンが3つあるんだけど、

ファン3つ分のRGBコネクタと、マザーボード側に挿す4pinコネクタどちらも1つに連結する感じ。

RGBのコネクタは、最終的にPCケースのフロントパネルにある基盤側に挿して、

4pinコネクタは、マザーボードに挿す感じなんだよね。(もう記載してても、ややこしいなと感じてる)

 

 

4pinのファンコネクタを連結して、マザーボードに挿すのは、

この手のRGBファンだとよく見るから分かった。

けど、RGBのコネクタが、マザーボード側のRGB_HEADERに刺さると思ってたんだけど、

どうやら違くて、PCケース側のフロントパネル側のIOポートが集中してるあたりにある基盤に刺さるんだよね。

「…なにを勘違いしてたのか?」というと、マザーボード側(ソフトウェア側)でRGBを制御すると思ってた…。

 

ケースファンの仕様が分かったから、あとは連結して必要な場所に挿すだけ。

…だったんだけど、グラフィックボードが邪魔で、またしてもファンコネクタ―が挿せずww(アホなのかな)

 

そして、そうしてる内に裏側は配線地獄!(裏配線は極力綺麗に纏めたいんや…)

 

実はもう1つ致命的な事をやらかすんだけど、後で追記しときます(書き疲れた)

 

【本日の見所】 blog主のやらかし話。ケースファンのネジ山を破壊する (Pop Mini Air RGBは何も悪くない件)

 

別にPop Mini Air RGBは何も悪く無いし、何なら趣旨と全く関係ないんだけど、

まぁ、「blog主(くるとん)がやらかしてんなぁ…」くらいの軽い気持ちで読んでください。

自分も「ネタが出来た」くらいの気持ちで書くんで。なんなら、こんな奴でも自作は組めますw

 

起きた事を一言で書くならば、「ケースファンのネジ山を破壊した挙句、PCケースの塗装も破壊した」

………と。いう事です。

 

今回、MACUBE110に付いてたDynamic X2 GP-12なんだけど、3個のうち2個を、

Pop Air Mini RGBに取り付けようと作業をしてたんだけど、

1個無事に取り付け終わり、2個目の作業に取り掛かってた時に悲劇(大げさ)が襲い掛かった感じ。

 

ネジ山がMACUBE110に取り付けてた時点で、既に怪しい感じだったのに、そのままPop Air Mini RGBに取り付けるものだから、

最後までネジを回しきる前に、ネジ山が潰れかけた感じ。…この時点でネジ山の補修材は所持してないので、

blog主、焦って逆方向にネジを回し取り外そうとするも徐々にネジ山のHPを削る削る。

そして半分くらい回しきった時点で、ネジ山消滅…!消滅ッ!

 

焦りに焦ったblog主は何をするのか…それはペンチを使い、こんな小さなネジを外そうとする奇行。

まるでネジザウルスも手元に無い腹いせとして、その思いをペンチに全部込めてネジを外そうとした結果が…。

 

※画像はペイントマーカーで補修した後の物です。

ご覧のままの有様で、ネジだけでは無く、塗装まで回して剝ぎ取りました。本当にありがとうございました。

 

埃フィルターをで隠れてて、さも何事も無かったかの様にしれっと誤魔化してた。

でも正直組み終わった後、1日中後悔の念をblog主(くるとん)は感じてた事は言うまでも無し。

 

(次の日に、ホワイトのペイントマーカーを2本試しに買って補修したら、

とりあえず気持ちを押さえつけられるレベルにまでは、状態をゴマカセマシタ。

腹いせにホワイトのペイントマーカーの商品詳細リンクを感謝の念を込めてハットキマス)

 

 

なんて事をやってる内に、私の昼飯の時間は午後4時になりましたとさ。嫁さん募集中です(二次元に限る)

 

紆余曲折の上で、ようやくPop Mini Air RGBでPCが組み上がる!!

組み上げの様子はごちゃごちゃしてたけど、

組み上がると、爽やかで可愛らしい見た目を見せてくれるPop Mini Air RGB。あなたが好きなの。

欲を言えばグラフィックボードへの電力供給(8pin)は、

グラフィックボードの下あたりを通して、目立たないようにしたかったぜよ。

(ケースに通せる穴はあったんだけど、マザーボードのコネクタ類が邪魔で無理だった…。)

 

組み上がると本当に最高に可愛いPCケースですよぉ!

付属のRGBファンも、かなり綺麗な光り方で、他のケースではLEDはOFFにするんだけど、

この青白い光り方が好きになってしまい、このままONにしておく事に!

 

MACUBE110の時は、サイドパネル側がスモークガラスで暗い印象が出てしまい、

デスク側の印象もどことなく、MACUBE110に引っ張られてた感があったんだけど、

今回のPop Mini air RGBは、真っ白という事もあり、明るい雰囲気になり大満足!

 

 

このケースを買うと、白色なグラフィックが欲しくなってくるよ。白で染め上げる楽しさを感じる。

ASUSのとか、GIGABYTEあたり良いよなぁ~…。とは以前から眺めてるけど、流石にすぐ手が出せないね…。

白色のグラフィックボードって高いんだよね…。高嶺の花なので、

軍資金貯めて、中古で漁って、型落ち品をいずれは何とかポチしたいですなぁ~。夢が膨らむねぇ~(*´ω`*)

 

Pop Mini air RGBのレビューPart2はここまで!

 

今回の記事をまとめるとすれば、Pop Mini air RGBというケースは、

品質良し、デザイン良し、新設設計ではあるけど、デザイン優先な部分が多々見受けられ、組むのはやや大変なケースだけど、

組み終わった後、机に設置した後の圧倒的な可愛さや、所有欲が満たされる感は最高!って事かね!!

 

Part3では、使用感のレビューとか、付属のRGBファンの各色紹介とか色合いとか。

静穏性についてとか、エアフロー性能なんかも軽く紹介できたらなと(MACUBE110の時のデータ撮ってなかった><)

Part3を出す頃には、少し古い中古のBlu-rayドライブ(パイオニアのBDR-209MEP)もぽちったので、

搭載してみての様子なんかも紹介出来たらなぁ…とね。

 

ではでは、今回はこの辺で!(=^ω^=)<ばいにゃら!

 

今回紹介した、組み上がると最高に可愛い奴、Pop Mini air RGBの商品詳細リンクはこちら!

 

【ホワイトモデルはこちら!】

 

【ブラックモデルはこちら!】