可愛くオシャレなのに、エロゲオタクに優しいPCケース見つけた。Pop Mini Air RGBをポチったので語る

痛部屋記事をある程度、書き終えてどこか一安心。

blogに晒してたのが、2021年時点での痛部屋(エロゲ部屋)だったので、

どこかblogを見るたびに落ち着かなかっただけに、書き終えられてよかった…!

そんな気分に浸ってて、明日はお仕事もお休みなのでのんびりタイムなblog主(くるとん)ですヾ(*´∀`*)ノ<おつおつー

 

さてさて、今日はゆるく、PCケースをネットで物色していたら、

面白い物を見つけたので、ゆるく紹介していこうかな~と。

昔の様に今日は軽めの記事です。ガッツリ書くつもりは無いのでw

 

というか、もうその面白いPCケースをポチった(買ってしまった)訳なんだけどね。

そんで、エロゲーマーな自分にとても刺さるケースだったので、

明日届くのでその前に軽く、惚れこんだ理由を語っておきたいってのが本音なんだけどねw

 

今時もう珍しい?エロゲーマーにとってあると嬉しい機能がある可愛いオシャレPCケース、Fractal DesignのPop Mini Air RGBを紹介!

 

(前書き)PCケースをMacube110から他ケースに乗り換えたいblog主

 

blog主が今愛用してるPCケースは、DeepCoolのMicroATXケース、

Macube110なんだけど、「お前の事…、嫌いじゃないけど、愛着がわかない」

…という、あまりblog主が感じ取ったことが無い状況なんだよね。

 

とてもお利巧なPCケースで、組みやすかったし、

裏配線スペースもしっかりあって(Versa H18程では無いけど)、扱いやすかった。

そして、シンプルなデザインながら機能性もあって、

サイドパネルがスモーク掛かったマグネット式の強化ガラスパネルになってて、ツールレスで開けたり、

購入当初4500円程だったんだけど、その割には良いケースだった。コスパ良好って感じだね。

 

けど、その反面「どこか愛着がわかない。愛嬌が感じられない。」

という自分の中の好みに落とし込めない感があったんよねぇ。

 

なんだろう、以前から思ってた。そしてそれが確信に変わったのが、

一つ前の記事で部屋紹介(痛部屋紹介)をしたんだけど、その際に思ったのが、

「なんかこのケース前面側がシンプルすぎて、のっぺりしすぎなんだよなぁ…。」って事と、

「PCケース内部が黒いから、白色分が足りなくて萌えない(可愛さが足りない)。」だったんだよね。

 

それに、窒息ケースとまでは言わないけど、若干熱の逃げが少なくて、エアフローの効率が悪いのか、

夏場、Steamのゲームなんか遊んでると、結構熱がこもってるのか、ファンがうるさかったんだよね。

(写真の部分にホコリが付着すると、ホコリが小さい穴に詰まりやすくて、メンテし難さも感じてた)

 

なので、「良い乗り換え先のPCケース無いかのぅ…」と思い、

ちょくちょくPCケースをAmazonとか価格.comで漁ってた。

 

乗り換え先の候補になったPCケースを軽く紹介

 

Inwin / A3

 

最初最有力候補だったのが、このInwinのA3というケース。

Macube110と仕様を比較すると、奥行と幅はさほど変わらない物の、

高さが8cmくらい抑えられていて、コンパクトな外観になってるのがまず目を引いたかな。

その分もあってか、前面側は同じくinwinのロゴ以外はシンプルながら、のっぺり感はあまり感じなかったね。

 

電源ユニットがPCケース内部の前面側にある分、高さ方向が抑えられてるのがその理由で、

その分前面側にケースファンが取り付けられない…。

…取り付けられないんだけど、その分トップとボトム側に2個ずつケースファンが取り付けられるようになってて、

下方側から上方側へ廃熱を行う仕様になってるのがちょっと変わってる所(リア側にあと1個ファンが付けられる。まぁコレは普通)

 

…という面白みがあるんだけど、それ以上に、上面側(トップ側)のメッシュ状になってる部分のカッコよさと、

本体サイズの小ささも相まって、全体的なデザインの可愛さの丁度良さに惚れこんでた感じ。

サイドパネルもMacube110と同じでマグネット仕様で、機能面も良き感があって最後まで購入を迷ってた。

けど、なんか「目新しさ」という観点が感じられなかったからなのか、購入に手が伸びず…無念なり。

 

ASUS / PRIME CASE MESH

 

ASUSってこんなオシャレでシンプルなケース出すんだ…。と思ったのがこのPRIME CASE MESH

このPCケースも、高さ方向で35cmと、Macube110に比べて7cmくらい小さい。

そしてフロント側もサイド側もメッシュ構造になってて、排熱性能(エアフロー)は高めな感じ。

inwinのA3と同じで、下方から空気を吸い込んで、上方から排熱する事を公式で推奨してる感じだね。

(同じくボトムとトップにファンが取り付けられる仕様)

 

まぁ~、なんと言ってもオシャレ…。良いデザインだけど…ミニマルすぎるというか…やっぱ自分としては「コレジャナイ感」。

「オシャレな都会の洗練された落ち着いた人な人が使いそう…。」感が自分の中で拭えんかった。

スイッチやUSB等のコネクタ類は、PCデスクの上に置くので、前面側にあるのは個人的に好かないのも理由の一つ。

それにサイドパネルの片側はやっぱガラスで中身スケスケであってほしいので却下…。

 

一応ガラスパネルモデルもあるんだけど、それでも「違う…そうじゃない感」が自分の中で拭えず却下。

 

…って具合で、色々PCケース迷いの沼にハマりつつ、やっと見つけたのが本題のケース。

 

(ここから本題) 乗り換え先候補として、Fractal Design / Pop Mini Air RGB Whiteを見つける。

 

先に候補に挙げたPCケースを見る中、このFractal DesignのPop Mini Air RGBも目に止まった。

目に止まったんだけど、最初は完全に他のケースに目が奪われてて、正直言うと「眼中にも無かった」

けど、先に上げたPCケースで悩む中で、このケースも視野に入るようになってきた。

で、blog主が何で Pop Mini Air RGB に惚れこんだかというと、

 

  • 今時は珍しく 5.25インチベイが使えるしかも違和感無く隠せる (DVDやBlu-rayドライブが内臓出来るって事)
  • 5.25インチベイにDVDやBlu-rayを搭載した下に、小物入れがある(遊び心がある)
  • PCケースの内部まで白。インシュレーター(PCケースの足部分)まで白。全部真っ白である事
  • PCケース前面側が大きくメッシュになっており、通気性も十分確保できそうである。デザイン的にものっぺり感が無い
  • デザインの纏まりが良く、上手い具合におしゃれさと可愛さを両立出来ている。
  • サイドパネルが通常のガラスパネルになっている(スモークガラスではないので、白色を全面に押し出せる)
  • Macube110より、高さ方向が3cm短く、少しコンパクトになる事
  • 付属のfan3つがRGB LEDに対応している

 

といった部分に惚れこんだ感じ。正直最近のPCケースでは自分的にドンピシャである。

そして思った。「これは自分向きだ(エロゲーマー)…」とね!

そして案の定、レビューなどを見るとアクリルフィギュアを入れたり、

個性的で可愛らしく自作ををしてるレビューが見受けられ「コレだ!」と久々に感じた。

 

逆にもちろんこのケースにもイマイチな部分はある。

  • USB-typeCコネクタ部分がダミーになっている(使うには、2000円程で別売りの専用のtype-Cケーブルが必要)
  • サイドパネルの開閉が手回しネジと、マグネット式が増えてる中ではややイマイチ
  • 値段が1.5万とやや高い。Type-Cを使えるようにすると1.7万なのでコスパは人によっては評判が分かれそう

 

自分がイマイチだなぁ…と思ったのはそんな所。

…でも欠点を差し置いても、まだ実際使ってないので不明点もあるけど、魅力が勝ってると思った。

 

さてさて、では上記で上げた魅力的に感じた部分をいくつか詳しく解説してくね!

 

隠された5.25インチベイが存在する事(DVDドライブやBlu-rayドライブが内臓出来る)。小物入れという遊び心がある事

謳い文句通り、hidden(隠された)場所に、5.25インチベイが2台搭載可能!

どういう事か…つまりDVDドライブやBlu-rayドライブが内臓出来るって事だぞい!

…いやぁ…ひと昔前だったら別に珍しくもないし「( ´_ゝ`)フーン」という懐かしい絵文字も出てくる程度だった。

けどもう今となっては段々希少種になってきてるのよ。5.25インチベイがあるのは。

 

様は、エロゲインストール時にDVDドライブ取り出すのめんどくさい勢にも響くし、

Blu-rayでアニメ見る、現代のストリーミング時代に逆らう勢にも響く魅力があるって事だね。

CDで音楽を取り込むのが乙なんだ…って人にも良いかもしれない。

しかも、デザイン性を崩さない、前面下部のマグネットの蓋で隠された場所にあるのもポイントがデカいかと!

 

ただ蓋があるとは言え、白モデルの場合、ドライブのベゼル部分の色も白の物を選んだ方が、

何かインストールしたり、再生する際、蓋開けっぱなしにした時の悪目立ちは避けられるかもね。

…とは言いつつも、Blu-rayドライブの白ベゼルってあんまりもう売ってないからこっちこそ希少種だけどね。

 

小物入れなんて何に使うねん!…USBメモリとかSDカードを入れれば心躍るだろ!(躍る…だろ?

…まぁ欲を言えば、もう少し小物入れのサイズが大きいと、隠せる物も増えるかな…。なぁ男子?(ぇ

 

本体の内部まで白、足の部分まで白!白色で可愛く染めつくされている!&名前に恥じないPopなデザインとのバランスが良い!

別に今時、内部まで白色なんて珍しく無いっすよ。ぶっちゃけ。

 

だけどね、現代のPCケースって、オシャレに振れ幅を注いでたり、ミニマルさに注いでる物が多い。

全面もサイドパネルもスケスケで、なんならPCパーツの存在をアピるのに100%注いでるケースも増えてきてる。

サイドパネルのガラス部分で一部黒色だったりするのも中にはあるし、スモークガラスで白感が薄れてるのもある。

そんな中で、可愛らしさ(萌え)と、色合いの統一感のバランス感覚が取れてるのを探すと、結構種類は絞られてくる。

 

「どう感じ取るか?」は個人によって違うとは思うけど、

少なくともblog主にはこの絶妙なマイルドブレンド感がたまらなく刺さったぞい!

 

という事で、もうお分かりかと思うけど、ポチってしまった(購入した)ぞい!明日やってきます!!

という事で…悩んだ期間はあるものの…(価格が価格なので…)

でも…PCに愛着感が欲しいんや…という事で、長い目で見てポチっちゃいました!ヾ(*´∀`*)ノ

type-Cポートを使えるようにするケーブルは、とりあえず使用する予定が無いから、今はポチってないかな。

 

届いたら、できれば開封⇒組み立てからレビューしたいけどね。うん。

いずれにしても、しばしお待ちくだされ。

今度こそ…PCを愛でられるように愛着持ちたいね!

 

ってことで、あんま中身薄いけど、たまにはこういう記事も良いよね。

ではでは (*´ω`*)ノシ

 

この記事で語った、Pop Mini Air RGBのホワイトモデルが届いた!開封レビューをしてくぞい!

 

オシャレ可愛いデザインに、内蔵ドライブ搭載可能!エロゲオタの味方なPCケース、Pop Mini Air RGBをレビュー①

2024年3月10日

 

今回自分がポチった、Fractal DesignのPop Mini Air RGBの商品詳細リンクはこちら!

 

【ホワイトモデルはこちら!】

 

【ブラックモデルはこちら!】