Riing 12 LED RGBファンレビュー 円を描くLEDの光が魅力的!(Part1)

 

 

 

今回は! Thermaltake Riing 12 LED RGBファンのレビューなんだなぁ!

Thermaltake Riing 12 – 256Color LED 3Pack

 

写真は、ThermaltakeのLEDリングファン Riing 12なんだけど、

綺麗な光り方してるっしょ?

 

もうこれが”最大の魅力”って言っても、過言じゃないくらい素敵で、

この説明でレビュー終了でええんじゃないかなぁ。って思えるくらい(ダメ?

 

今回はそんなLEDの光り方が魅力的な、

ThermaltakeのRGB LEDリングファンこと 「Riing 12」をレビューしてくよ!

 

くるとんちゃん

※写真の自作PCの配線が汚い という突っ込みは無しで!

 

いつ頃、ThermaltakeのRiing 12を購入したの~?

「いつ買ったんだろ?」って思ってさっき調べてみたら、

少し前、3月5日に札幌のツクモ購入してるみたいだね~。

セールで置いてあったのを購入した感じ!

 

⇒ Razer Ornata Chroma JP 日本語配列 マルチライティング メカ・メンブレン ゲーミングキーボード 【日本正規代理店保証品】RZ03-02041300-R3J1

この時、自作PC周りをLEDで光るカッコイイ感じにしたくて、

同時にRazerのORNATA CHROMAも買ってた感じ!

 

何で今回、Thermal take のriing 12をレビューしようと思ったのか?

 

1週間前くらいに自作PC掃除したんだけど、

改めてこのThermaltakeのRGB LEDファン「綺麗だよなぁ…」って感じたんだよね。

 

なので、「読者さんの中の光り物スキーな人にオススメしたいと!!」

と思って紹介することにしたよ!

 

自作PCがホコリがだらけ?エアダスター掃除するぞい!

2017年9月30日

ちなみに、自作PCの掃除の記事も書いたので、

気になる人は上記リンクより記事をチェックしてみてね!(*’ω’*)

 

ちなみにThermal takeってどんなメーカーなの?怪しくないの?

Thermal takeは台湾に本社を置くメーカーだね。

確か1999年頃設立だったはずだから、

20年近くPCパーツを製造してる古参メーカーだね。

 

今回のケースファンの他にも、

ファン用のコントローラーや、水冷CPUクーラー、電源ユニットや、PCケース

なども製造しているよ!

 

電源やPCケースは、価格.comのレビューでも評判が良いし、

保証もしっかりつけてるからその辺も安心かな。

 

くるとんちゃん

国内にも正規代理店(アスク)が存在してるから、

中国の怪しいメーカー品よりは、遥かに品質は良いと思ってるよ!

 

普通のLEDファンと、Thermal takeのRGB LEDファンではどの程度光り方が違うのか?

⇒ ENERMAX PCケースファン TBアポリッシュ12cm ブルー UCTA12N-BL

上がエナマックスのLEDファン TBアポリッシュの12cmファンで、

下が今回導入した、thermaltakeのRiing 12 LED RGBなんだよね~!

 

エナマックスの方は、周りに12個のLEDが付いてて

ファンの羽に光が反射して光ってるイメージだね!

 

で、今回導入したthermaltakeの方は、

LEDの個数はわからなかったけど、ファンの周りを楕円を描くように

名前の通りリング状に綺麗に光る感じ!

 

LEDの光り方、どっちが読者さんの好み!?(*´ω`*)

個人的にはムラの無いRiing 12が美しくてオススメかな~。

 

くるとんちゃん

というか、おしゃれで好みだねっ!

スポンサーリンク

 

もちろんRGB LEDファンだから、ファンの光りの色の変更ももちろん可能!!

 

Riing 12 RGBと名がある通り、付属してくるコントローラーを使い、

レッド ⇒ ブルー ⇒ ホワイト ⇒ グリーン ⇒ LEDオフ ⇒ スライド発色 ⇒ 256カラー

という順番で色の変更が出来るぞい!!

 

最後の256カラーでは、

256通りの中から好きな色合いに変えられるぞい!!

こちらについても、後程記事の中で説明していくね!

 

コントローラーを使い、どの様にしてLEDファンの色を変更する事ができるの?

このケースファンは、

写真の様なコントローラーが付いてくるんだよねー!

このコントローラーで3つのRiing 12 RGB ファンの色を同時に制御出来るよ!

 

 

コントローラーに3つボタンが並んでるのがわかると思うけど、

左端の「モード」というボタンを押すと…

写真の様に白色LEDファンに変わるんよ! 

 

くるとんちゃん

白色の円状のLEDの光も美しいね…(・∀・)イイネ!!

 

他の色に変更するにはどうすればいいのか?

まだまだ終わらんよ・・・もういっちょいくで!

更にもう一度「モード」のボタンを押下すると…

 

緑色LEDにも出来るぞい!

Razerのゲーミング製品を使ってる人なら

結構いい感じにマッチするじゃないかなぁ…。

 

更に!更にもういっちょ!

「モード」ボタンを4回押せば、

Riing 12ファンの色を赤色に戻す事が可能だよん。

 

要はケースやパーツの色に合わせて、LEDの発色を簡単に変えられる!それがRiing 12なのだ!

 

 

「このケースは赤いから赤色が合うな!」とか、

「nvidia仕様のケースだから、緑色が合うな!」

とか臨機応変に色を変えることが出来る!

 

画期的な円状のLEDファンってことだいよ!うん!

 

あれだね、リア充の服のコーディネートみt

 

あれ?256色パターンの色に変えられるんじゃないの?って思ったあなた!

 

そうだよ(迫真)

ThermaltakeのRGB LEDファンことriing 12は、

256色の色を変えられるのにここでは数通りくらいしか出てないぞ?ってね!

大丈夫です!ちゃんともっといろいろな色を設定出来るぞい!

 

その点に関しては、次回Part2の記事にて語るぞい!

なんか眠くなってきたので、今日はこのへんで!(˘ω˘)スヤァ

 

たまには、こんな感じでPCパーツレビューもええやろ(*´ω`*)ノシ

 

ちなみにこの段階でRiing 12 RGB ケースファンが気になった方はこちらの商品詳細リンクよりどうぞ!

 

Amazon ⇒ Thermaltake Riing 12 – 256Color LED 3Pack

気になる人は、詳細チェックしてみてねんw

 

(後継機種?らしきモデルのリンクはこちら!)

Amazon ⇒ Thermaltake Riing Plus 12 RGB Radiator Fan TT Premium Edition -3Pack- ケースファン FN1074CL-F053-PL12SW-A

※今現在はコントローラーでは無く、OSのソフトウェア上で

LEDを制御する仕様に代わってるみたいだね!こちらも気になる人はチェック(*’ω’*)

 

 

 riing 12のレビューのPart2を書いたぞい!!続きはこちらから (*´∀`)

 

Riing 12 LED RGBファンレビュー 円を描くLEDの光が魅力的!(Part2)

2017年10月8日

上記リンク記事より、気になる人は見てみてね!

実はちょっと “おもしろいギミック” を持ったファンなんだぞい!

 

他にも自作PC作成、改造に役立ちそうな記事を書いていたりするので、よかったらチェックしてね!

 

裏配線が広い!しやすい!激安コスパ最強ゲーミングPCケース Versa H18をレビュー!

2019年10月22日

同メーカーのコスパ抜群自作PCケース Versa H18もレビューしてるよ!

良かったら記事をチェックしてみてね!

 

初心者必見 Ryzenを使った自作PCの組み立て(作り方)の手順・方法を二次元オタクが解説!①

2019年10月5日

自作PCの組み立て方の記事も書いてるよ!

 

Razer ORNATA CHROMA(英語配列)を購入 打鍵感と軽めのキーストロークが魅力

2017年3月4日

Razer Blackwidow 2013を3日間使用した感想とかレビューとか!

2016年6月4日

Razerのゲーミング製品のレビューはこちら!

 

M.2 SSDとSATA SSDでは、体感速度の差はどの程度違いがある?比較実験をしてみる!

2019年10月19日

CPUのグリスを熱伝導率の高い物にすると、冷却効果は上がるのか比較してみた。

2018年11月28日

PCのCPUグリスを交換すると、温度は下がるのか。本当に効果あるか試してみた。

2018年11月27日

自作PCの疑問に思った事の実験もしてるよ!

 

自作PC関連記事まとめ

2016年5月20日

当blogの自作PC関連記事のまとめもあるよ!

よかったら、上記記事リンクより読んでみてね!

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください