Riing 12 LED RGBファンレビュー 円を描くLEDの光が魅力的!(Part2)

疲れたん。つかれったん。

つかれーんたーん(*´ω`*)<挨拶

 

もうね。仕事で色々人間関係で神経使いすぎてblog主(くるとん)

お疲れぎみだぞいーい。

 

でも!でも! そんな疲れにも負けず!今日は前に購入した、

円状のRGB LEDの光がとっても魅力的な、

ThermaltakeのRiing 12 LED RGBを紹介していくぞい!ぜひ見てくれい!(`・ω・´)ゞ

Thermaltake Riing 12 LED RGBファンのレビュー記事の続きだよーん!

⇒  Thermaltake Riing 12 – 256Color LED 3Pack

 

今年の3月 blog主(くるとん)の自作PCの中に取り付けた、

Thermal takeのRGB LEDケースファンことRiing 12を、

今更!?だけどレビューしたんだよねぇ!

 

Thermal take製、Riing 12のPart1のレビューはどこにあるの?見てないという人はこちら!

 

Riing 12 LED RGBファンレビュー 円を描くLEDの光が魅力的!(Part1)

2017年10月6日

 

上記リンクの記事も是非見てみてね~!(*’ω’*)

 

 

くるとんちゃん

このLED RGBファンは3個セットなんだけど、

安価で綺麗な光り方をするからお気に入りだったりするよ~♪

 

 

ではでは、記事の続き!行ってみヨーカードー(禁句)

 

Thermal take製のRGB LEDケースファン Riing 12は、実はこんな綺麗な光方をするんだよね!

画像は付属のファンの光り方や、

回転速度を変えられるコントローラーなんだけど~、

一番左側のボタンを「ぽちっ」っと長押しすると光方を変えられるんだよね!

 

ケースのフロント側に2機と、リア側に1機つけてみるとこんな感じ!

 

もうね・・・光り物好きなら、 

このリング状の光方はたまらないんじゃないかな!・・・って思う!

綺麗だよねぇ~(*‘ω‘ *) ムラの無い光り方をするから好き!

 

そうなんです!

RGB LED搭載ファンだから、色が256色の間で変化するのだよん。うん!

なので、様々な発光を楽しむことが出来るんだよね!

光り輝く色が好きな人には結構たまんないかもねw

 

 

 

くるとんちゃん

流石に常時、この状態で色が変化してるのはうるさいから、

blog主(くるとん) は青色で固定してるんだけどー(;’∀’)

 

サイドパネルがアクリルとかガラスのケースならめちゃ綺麗に映える!

 

前面パネルやサイドパネルが、

アクリルや強化ガラスパネルにになってて、

中をカッコ良く見せたい!スタイリッシュにバリバリ光らせたいとかって人で、

このリング状に光るLEDにトキメキを感じたなら結構アリだと思うよ!

 

もちろん「同じ色固定とか嫌だ!動画のようにカラフルに光らせたい!」

って人にもアリかとw

 

くるとんちゃん

自分は、寝る前にPC電源付けっぱなしとかするんで、

ギラギラ色が変化してるのは、眠気の妨げになるから固定色にしてるけど(;^ω^)

 

もちろん、ファンのLEDの色の固定も可能! 気に入った色があったらリモコンで固定しちゃうのもアリ!

色が変化していく中で、

 

「あっ!この色いいじゃん 固定したい!(*´∀`)」

って言うのがあったら。。。

 

真ん中の「 PLAY / PAUSE」ボタンを押すことで、

色の固定も出来るぞい!

 

くるとんちゃん

Riing 12のLEDの色を確認しながら、

リアルタイムで好みの色を選べるのは、結構良いかなぁ~とw

 

スポンサーリンク

もちろん Riing 12のコントローラーで、ファンの回転速度も変えられるよ~!

一番右端の「SPEED」と書かれたボタンを押すと、

LOWとHIGHで、2段階でFANのスピードを調整可能だね~。

※LOWで1000回、HIGHで1500回転みたいだね!

 

自分はLOWで使ってたよ。

 

ケースにも依存するかとは思うけど

FANの音は静かで、エアフローはハイエンドな構成ではなかったら

特に問題も無く冷えてたね~

 

コントローラーでの速度制御は2段階なので、過度な期待は禁物だけどね!

 

このコントローラーでは、細かい速度調整は出来ないので

「細かい速度調整がしたい!」って人にはオマケ機能だね。

手元で変えられるのが強み!かな。

 

このRGB LEDケースファン Riing 12の欠点ってまとめるとどんな感じ?

 

欠点と感じた部分

個々のファンのLEDの色を設定出来ない。 

「この位置のファンはこの色で!」みたいなことは出来ないw

「ケース内を計画的にカラフルにして演出したい」って人には向かないかな…。

 

ファンの風量重視とか、エアフロー性能を極限まで高めたいって人には不向き? 

性能重視な人にはちょっと向かないかも・・・。

blog主自身はライト~ミドルな用途なので気にならないけどね。

 

ケーブルが多いから、ケース内部がごちゃごちゃになりやすい。 

ケーブルの取り回しがうまく出来ないと(裏配線とか)

blog主(くるとん)みたいに、内部がごちゃごちゃになる。

 

付属のファンコンを通さないと、LEDの色が光らない点もマイナスかなぁ…。 

ファン自体はマザボのコネクタに刺せば回ったんだけどね…。

LED自体は光らないという。(ファン自体も5ピンなので少し特殊)

コントローラー使用が必須なのが、人によっては難点かもね。

 

って所かなぁ~。

また気がついた点があったら更に挙げておくねw

 

(まとめ) このThermaltakeのRGB LED ケースファンをオススメしたい人はこんな感じ!

 

こんな人にオススメ!

光り物が大好きな人! 

ケースファンの色を自在に変えて、楽しみたい人!

PC内部の他のパーツの色と、ファンのLEDの色を揃えたい人!

くるとんちゃん

上記に該当する人の希望にはしっかり答えてくれる

ファンだと思うぞい!(*´ω`*)

やっぱ装飾系なファンのイメージが個人的には強いかな(*´▽`*)

 

FANのスピードを強くしても煩くないし、

エアフロー性能も十分確保できるし悪くはない。 

 

最近はハイエンドな構成にしない限り、

結構パーツ自体昔に比べて熱を気にしなくても運用には問題無いし。

(変態的に狭いケースだとさすがにどうなるか不明だけどw)

 

blog主(くるとん)自身、あんま気にしてないから、

ライト~ミドルな用途なら、これで十分かとw

 

あと、応用的な使い方で、

空冷CPUファンの取り換え用として。とか、

水冷のラジエーター部分を冷やすファンとしてもいいかもね!

もちろんCPUファンのヒートシンク部分につけてもOK!

 

今回紹介した、円状のリングが綺麗に光るケースファン!自作PCのドレスアップに最適なRiing 12の商品詳細リンクはこちら!

 

Amazon ⇒ Thermaltake Riing 12 – 256Color LED 3Pack

 

(後継機種?らしきモデルのリンクはこちら!)

Amazon ⇒ Thermaltake Riing Plus 12 RGB Radiator Fan TT Premium Edition -3Pack- ケースファン FN1074CL-F053-PL12SW-A

※今はコントローラーでは無く、OSのソフトウェア上で

LEDを制御する仕様に代わってるみたいだね!気になる人はチェック~♪

 

このThermaltakeのriing 12を活用して作った、blog主の自作PCを紹介するぞい!

 

自作PCのスペックを晒し(紹介)してくぞい! シンプルながら光るパーツ多め!

2018年3月28日

このLED FANが映えるケースに変えたんで、

よかったら参考にどうぞ!

 

ほほーい!他にも自作関連の記事 書いてるぞい!

 

自作PC関連記事まとめ

2016年5月20日

良かったら、上記の記事リンクにまとめてるから、読んでみてね!!!

 

昔っからねー PC弄るの大好きだからねー!

二次元美少女を弄るのもやめられn(やめい)

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください