自作PC組み立て初心者だった頃の失敗談!(ネジ止め編)

なんか精神の疲れが ヤバス(ヽ”ω`)

休んだばっかなのに

もうMAXとかね(´・ω・`)<挨拶

今はシャワって

スポンサーリンク


のんびりサブ機でDucaさんメドレー

流してのんびりしてるよ~

DSC_0028[1]

シャワってのほほんと音楽聴く

この時間が永遠に続いてほしいすわホント切実にw

この記事の終わりにちょっと

重要な報告(特定の人へ)があるから

良かったら最後までよんでってくれいな

今日はまた数日ぶりなコーヒーブレイク記事

AH77/Rのレビューでもしよっかなー

なんて思ってたわけなんだけどねw

まぁ・・・正直

このノーパソ(HA77/R)の

記事ばっか続いても

読者さんもちょっと萎え気味なんじゃないかな

って思ったのもあるし

正直俺の息も続きそうもないからw

今日はふと今日会社でPC弄ってて

過去自作してて失敗したこと

思い出したことがあるから

それについてちょっと書き綴ってくねw

くるとんの自作初~中期くらいまでの失敗談w

いやぁ・・・

失敗ってレベルでは正直ないかも

なんだけどねw

自作PCを組み立てる際の「ネジ止め」な話!

自作初めて組んだとき

みんな電源とかさ マザーボードネジ止めする時

どんな感じに止めてる?

テキトーにやったりしてない?

俺さー ネジ結構てきとーに止めてたwww

その1でスペーサーを付けてなくて

マザーボードをショートさせる

という暴挙にでてたことは

語ったと思うんだけどw

知らない人は

⇒ 自作PCを初めて組み立てた 初心者だった頃の失敗談!(その1)

この記事読んで貰えれば

くるとんの愚かさがわかると思うw

スペーサーを付けないってのも相当なミスだけど

ネジを適当に止めて

「あれ??なんかIOパネルに

しっかり各種端子収まんないんだけどww」

とか

「ん?電源なんか穴の位置づれるんだけどww

設計糞なんじゃねwww」

とか言ってたww

スポンサーリンク


そりゃ

ネジを適当に反対側とかに集中的に先につけたり

してりゃ反対側に押し付けられるんだから

位置もうまい具合に合わないww

じゃあ

どうすればよかったのかというと

ネジは対角線上に先に止めるのが基本

ネジはまず左上を先に締めたならば

次は、右下を締める

といったように

対角線上に占めるのが基本!

いやぁ工作を良くやってる人からすれば

おそらく

「そんな基本すらしらなかったの

くるとんって人(;゚Д゚)」

って思われるかもだけどガチで知らなかったww

自作組んだのが中学3年生で

この対角線上に止める という作業を知ったのが

おそらく専門学校生になってからw

専門学校の授業にて・・

車のタイヤのネジ止めを

する際に 対角線上に止めないで

走行中にタイヤが取れて恐ろしい自体になった

っていう先輩がいたらしく

その話を聞いて

詳しく調べて たしかそれから

「ああ!!自作PCでもネジは

対角線上に止めればいいのか!!Σ(・□・;)」

ってなったww

ほんとねー・・・見る人が見たら

この記事自体笑われそうだけどねww

ガチで昔俺は知らなかったw

もちろん基板や電源だけの話じゃなくて

CPUのプッシュピン止めだって同じ話だよw( ´艸`)

よくねー 熱暴走してる

PCを診断してみてみると

しっかりプッシュピンが止まってなくて

負荷掛けて落ちてしまうとか

長時間使ってると落ちるって例がある

これはプッシュピンしっかり止まってなかったり

または グリスがカピカピに乾いてしまってる

ってのもあったりするけどねww

とにもかくにも、対角線上に止めていく!これ大事

別に自作PCに限った話では

ガチで無いんだけど

一応自分が失敗したので

読者さんの中には1人くらい

同じことした人いるのでは?

と思ってちらっと記事として書いてみたよww

もし

「なんかうまい具合にネジ位置が合わないなー」

とか

「この基板 設計ミスなんじゃねーの!」

とかいらだってる人がいたら

これ試してみてねww(俺くらいかな・・・これはw

ではでは~

今日はねむねむーんなんで

この辺りでしつれいしまっせー ノシ

☆(ゝω・)vキャピ

お知らせ(音楽関連 弱悲報)

DSC_0026[1]

さらばHP-A4・・・

今度はもうちょっと

専門的に扱えるオーナーさんに扱ってもらってくれ

ってことで 売却ですw

詳しい話はここでは

しないけど AKG K612PROとの

相性の問題のお話しなんだよねw

また今度詳しく語るね~ ではでは

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です