Xbox one コントローラーをPCにBluetoothでペアリング接続する方法を解説!

次のSteamのセールはまだ~?

コントローラー片手に気が早いblog主でーす(´ω`*)<挨拶

 

今回は、前回Xbox Oneコントローラーをレビューした際に、

Bluetooth接続の手順を説明する記載が抜けてたから、

Xbox OneコントローラーとPCをペアリング接続する方法について解説しようと思うよ!

スポンサーリンク

Xbox OneコントローラーをBluetooth接続したいけど、手順がわからない・難しいのでは?と思ってる人向けに解説をしていくよ!(補足記事)

 

今回の解説記事はどんな人向けなのか?

 

Xbox Oneコントローラーを買ったけど、無線接続できない!ゲーム出来なくて困ってる人

BluetoothとXbox One コントローラーのペアリングを初めてやる人

Xbox One コントローラーを買ったけど、接続で積んじゃった人、

上手く接続が出来ない初心者な人向けに、解説していくので良かったら見てみてね!(´ω`*)

 

…というのも、blog主自身も1か所間違って「っん?」

っという風になった部分があるので(;’∀’)

 

前回のXbox Oneのレビュー記事とは?

 

Steamで快適にゲームをしたい人向けな、おすすめゲームパッド Xbox oneコントローラーをレビュー

2020年2月28日

一応Xbox Oneコントローラーのレビューも行ってるので、

気になる人は上記リンクから見てみてね。

 

まず、Xbox OneコントローラーをBluetoothでPCとペアリングするには、どんな環境である必要があるの?

まず、一番初めに確認したいのが、PCがBluetoothに対応してるのか。

そもそも対応してないと、無線での接続は無理!(当たり前だけど大事)

 

⇒ Xbox ワイヤレス アダプター for Windows 10

前までは、Bluetoothを使わない手段として、

Xbox ワイヤレスアダプターなるものも販売してたんだけど、今は無いっぽい。

だからBluetoothで無線接続する必要がある。

 

まずは、お使いのPCがBluetoothに対応してるのか、

確認をするところから、足を進めて行こうか。

 

お使いのPCがBluetoothに対応してるのか?確認する一般的な方法

大抵のデスクトップパソコンでも、ノートパソコンでも、

パソコンの底面もしくは裏に、

型名や品名が記載されたシールが貼られている。

 

写真のPCの場合は、A550/A、もしくはFMVNA2VLだね。

この型名 品名をメモっておいておこう。

 

さっきメモした型番を、Yahooやgoogleなどで、

入力して検索をしてみよう。

通常は1ページ目に、メーカーホームページの仕様表が出てくるよ。

(出ない場合は、型番+仕様などで検索してみよう!)

 

仕様表のページを開く事が出来たら、

ページを下にスクロールして、Bluetoothの項目を探そう。

(もしくは、キーボードのCntl + Fキーで「Bluetooth」と検索して探す手もある)

 

項目を見つけて、「有り」や「〇」、部品名の記載などあれば、

Bluetooth機能がPCに備わってる事が確認できるので、OK。

項目に、「無し」や「ー」「×」何も書かれてない等、

Bluetooth機能が備わってない場合は、接続するための製品が必要になる。

 

Windows上で直接Bluetooth機能があるか? 確認がしたい場合

左下の「Windowsボタン」を押して、

スタートメニューが開いた状態で、キーボード入力で、「デバイスマネージャー」と打ち込む。

その後キーボードの「Enter」を押そう。

 

デバイスマネージャーの一覧の中に、

「Bluetooth」という項目が無い場合、搭載されてない可能性が高いね。

 

Bluetooth機能がPCに備わってない場合の対処方法

 

⇒ TP-Link Bluetooth USBアダプタ ブルートゥース子機 PC用/ナノサイズ / Ver4.0 / 3年保証 UB400

例えば、ブルートゥース子機と呼ばれる物を取り付けるのが一つ目。

これはノートパソコンでも、デスクトップパソコンでも、

USBの端子さえあれば付けられる。基本差し込めばOK。

 

まぁ一番手っ取り早くて簡単な方法やねぇ~。

 

⇒ Hommie WIFI ワイヤレス アダプター 無線LAN 変換ボード ネットワークカード PCI-Express用 モジュールカード(デスクトップ PC) 高速 最大867Mbps 2.4/5GHz デュアルバンド 2*6db アンテナ

もう一つはPCI-E×1というスロットにBluetooth + Wifiカードを差す方法。

 

ただしこれは、デスクトップPCである事が大前提。

そして、PCI-Eスロットが付いてる事、空きがある事が確認できる事。

それと、接続できるだけの知識と気合がある人にオススメかな。自作PC組み立て経験あれば大丈夫。

上級者向けだね。

(blog主のメインで使ってるパソコンはコレ)

 

初心者必見 Ryzenを使った自作PCの組み立て(作り方)の手順・方法を二次元オタクが解説!(補足)

2019年10月14日

一応上記リンクの記事内目次より、「(補足1) 無線LANカードを取り付ける!」に、

このWifi + Bluetooth機能を追加できるカードの取り付けかたを記載してるよ。

 

説明を読んで少しでも「めんどくさい」と思ったら、USB子機タイプがオススメ。

 

実際にここからは、PCとXbox One コントローラーをペアリングする方法を説明していくよ!どうやるのか?

 

Bluetooth機能が無くて子機やPCI-E用カードを買った人はここから。

 

Bluetooth機能が既にPCに備わってるよ!あるよ!って人は、

項目「Bluetooth機能が既にPCに備わってる人はここから。どうペアリングするのか?」

から読み進めて行ってほしいと思うぞい!

 

お使いのパソコンにBluetooth機能が無くて、子機やPCI-E用カードを取り付ける人

blog主の外出先用の古いノートパソコンが、

丁度、Bluetooth機能が無いパソコンだからこれで説明していくね。

(ただのビジネスノートPC。ゲーミングでもないのであくまで説明の為)

 

⇒ TP-Link Bluetooth USBアダプタ ブルートゥース子機 PC用/ナノサイズ / Ver4.0 / 3年保証 UB400

丁度このノートPCにBluetooth機能が欲しかったので、

接続が楽&安定性に定評があり、Amazon評価が高かった、

tp-linkのUB400という、Bluetooth子機をパソコン工房より調達してきたのでコレを使用。

(同様の製品がエレコムというメーカーからも出てるけど、

接続時にインストールするドライバが問題あるらしく、

ちょっと優しさが足りない仕様みたいなので、TP link製がオススメ。差すだけ。)

 

写真のように空いてる端子に、

Bluetooth子機を差し込んであげるだけで使えるよ。

 

何もインストール作業は必要なしで、

デバイスマネージャー上から認識確認。

(あくまで大丈夫だよ!って事だけだから、

読んでる読者さんは、デバイスマネージャーを確認しなくても問題無し。)

 

スポンサーリンク

Bluetooth機能が既にPCに備わってる人はここから。Xbox OneコントローラーとPCのペアリング方法について

まず、Xbox Oneコントローラー側の接続準備から開始しよう!

  1. Xbox Oneコントローラーの電源をONにしよう(いつも通り長押し)
  2. コントローラー上部左側の小さな丸いボタンを2-3秒長押ししよう!

 

これで、コントローラー側のペアリング準備は出来たよ!

コントローラーはこの状態で放置。

 

ここから、Windows 10の場合の設定手順

続いて、PC側をペアリングを行える状態にするよ!

  1. Windowsボタン (□が4つ並んだやつ) を押してね!
  2. 写真の歯車マークを押してね ⇒ 設定画面が開くよ!

 

Windowsの設定が開いたら、システムの隣の「デバイス」をクリック。

「bluetoothとデバイス」という画面が開くよ。

  1. Bluetoothの項目が「オン」になってる事を確認
  2. 「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」をクリック ⇒ デバイスを選択するの画面が表示。

 

「デバイスを追加する」の画面が開いたら、

「Bluetooth」をクリックしよう!

(間違えやすいのが、「その他すべて」の所。Xboxコントローラーとか書かれてるけど違う。)

 

その後、Bluetoothを探してる状態になる。

終わると、「Xbox Wireless Controller」という項目が現れるよ~。

それをクリックすると、ペアリング完了!!

 

「デバイスの準備ができました」と、

右下に表示が出たら、完全準備完了!お疲れさまでした~!

 

Windows 8.1の場合の設定手順について

8.1のPCを居間から借りられたので、説明していくぞい!

 

殆どWindows 10と同じ説明ではあるけど、

  1. Windowsのスタートメニューボタンを押す
  2. 右側にスクロールして、「PC設定」の紫色のアイコンを押下する。

 

画面がPC設定に切り替わったら、次の順でクリックする。

  1. 「PCとデバイス」を押下してね。
  2. 「Bluetooth」を押下してね。
  3.  Bluetoothデバイスの管理画面で、Bluetoothがオンになってる事確認しようー。

 

引き続きBluetoothデバイスの管理画面から、

  1. 「Xbox Wireless Controller」の表示が出たら、それをクリック
  2. 「ペアリング」を押下する。
  3. しばらくまってて、接続済みになればコントローラーが使える状態になるよ!

これで準備完了~。おつかれーした!

 

(余談)実際の所、USB接続のBluetooth子機で、Xbox Oneコントローラーと遅延が発生しないのか?

 

Bluetooth子機と繋いだ機器で、たまに遅延が出る・・。

なんてレビュー見た事ある人へ。

 

結論から言うと、Xbox Oneコントローラーと、このtp linkのBluetooth子機もそうだし、

メインPCでPCI-E接続のBluetoothでペアリングしてた時もそうだけど、

全く遅延は無いね。感じた事blog主は無い。

 

 

ただ、遅延が発生するBluetooth子機もあるにはあるみたい。

だから、もし別製品の子機とかPCI-Eを買うなら、

Amazonの評価や、価格.comなどの評価、他の方のblogも参考にしてみてね!

 

一応参考程度に、低スペックPCでも出来そうなゲーム(REFUNCT)を、

Xbox Oneコントローラーでプレイしてる様子の動画も、

貼ってみたので確認してみてくれい。

スポンサーリンク